歯の手入れは必須 東京医科歯科大学を首席卒業した名医が教える 世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか――科学的に正しい歯のケア方 レビュー

こんにちは
奈良市富雄個別指導塾
Dr.RISE塾長山上です。

今回は
「東京医科歯科大学を首席卒業した名医が教える 世界の一流はなぜ歯に気をつかうのか――科学的に正しい歯のケア方」のレビューを書きます。

歯についての書評です。

堀江貴文さんことホリエモンが帯を書かれてる本です。

学生時代の私は歯のメンテナンスを怠っていました。

歯医者さんに
「君は歯のエメラルが一般の人よりも強いねー」
というのを真に受けて、

僕は
(オレの歯が丈夫だから、歯を磨かなくてもいいんだ)
とアホなことを考えて
1日1回も歯磨きをしていない日もありました。
なんという愚かのことをしていました。

しかし、20代前半を迎えてからは
歯の手入れに力をいれました。

きっかけは、ベビースターラーメンのお菓子を
噛んだときに激痛が走り、歯医者さんに行きました。
歯医者さんには
「何で、歯がこんな状態になるまで放置したの?
 神経をとらないとダメだよ」と言われました。
このときに
(歯の手入れをしないと、おいしいものが満足に食べれなくなる)
と思いました。

今では3カ月に1回は歯医者に行き、歯石を除去しています。
時間があるときは2カ月に1回は行きたいぐらいです。

確かに歯に対する意識はレベルアップしたのですが
なんか、心配だなーって思って
ネットサーフィンをして出会ったのがこの本です。

読んで良かった点 1点目

疑問に思っていたことがすっきりしました。
マウスピースで矯正できるのかどうかずっと気になっていました。

メリットは気づかれないこと。
コンピューター上で矯正をシュミレーションが出来る。

デメリット
治療できる患者さんが限られてる。

マウスピース矯正の経験が少ない歯医者さんだとできない、うまくいかない。

2点目 歯の手入れが悪くなると・・・・・

阪神大震災のときに歯が磨かなくなったご老人の方が
誤嚥性肺炎になる方が増えたらしいです。

これは怖い。歯の手入れを怠ってしまうと
肺にも影響があるのか!と思いました。

3点目 インフルエンザの予防

老人ホームで歯磨きをしたところと指導していなかったところでは
インフルエンザのは発症率が減ったらしいです。

この検証は奈良県で実施されたみたいです笑

4点目 糖尿病と歯周病

歯周病は炎症物質を人体で分泌させ
それがⅡ型糖尿病に影響してる。

糖尿病って不健康な生活を送ってる人のみに発症すると思ったのですが
そうでも無かったんですね。

このように虫歯、歯周病と身体全体と関係してることがわかり
正しい知識を身に付けれてよかったです。

当たり前ですが、歯医者も職人なので
満足できる歯医者さんを探します。

マウスピース矯正が気になるので
今度、マウスピース矯正をやってみようと思います。

ホワイトニングは貼るタイプのものを使ってるので
またの機会にその商品を紹介させていただきます。

歯の手入れをした人はぜひ一読を!
https://amzn.to/3CpbMKI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top