部活動の選び方 奈良市 富雄 個別教室のベスト

こんにちは
個別教室のベスト 教室長の山上拓希です。

4月ももう終わりそうですね。

世間では令和になるということで賑わっていますね。

これを読んでる保護者さんのお子さんはもう部活は選びましたか?

先日、あるご家庭のお子さんが入部したくもない部活に
親御さんともめていました。

入部したもののイメージと違って、退部したいそうなのですが

そのお子さんは水泳がそこまで好きじゃないのに入部し

なかなか楽しめないそうです。

親御さん的にはなにか運動やらせたいみたいだそうです。

こんなとき、これを読んでる方はどうされますか?

私には子供がいませんので

親御さんの気持ちはわかりませんが


とにかく、子供がやりたいことをやらせるかなと

理由は人生で唯一、有限な時間を好きでもないものに
費やしたくないからですね。

好きでもないことに時間を費やすのは浪費です。

あの将棋界の天才、藤井4段も小学生時代に学校の先生に

先生
「藤井くん、君はどうして宿題をやってこないんだ」

藤井4段
「そんな無駄なことはしたくない、似たような問題を解きたくない」

こんなエピソードがあったみたいです。

藤井4段は学校の宿題はやらず、詰将棋ばかりをやっていたみたいです。

小学校に行ってると、1日の自由時間はおそらく学校から下校して

家に着くのが16時00分、就寝するのが22時00分だとしたら
食事とお風呂の時間などを差し引いて、大体

5時間

その貴重な5時間のうち、学校の勉強に2時間割いてしまったら

残り3時間が自由な時間になってしまいます。

時間だけを消費するのではなく、体力を消費しています。

こんなことを言うといろんなところからブーイングを受けてしまいそうですが・・・・

ちょっと話がずれてしまいましたね。

要は好きでもないことに時間を費やすのは勿体ないということです。

じゃあ、勉強はしなくていいのか?

全くしなくていいわけじゃないです。

その辺はまた今度、ブログで書きます。

では、今回はこの辺で。

ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to Top